転職先を探す前にイメージすることで見つけ出す

経験から得る転職先の条件

転職を考えているのだけど職種が多すぎて何を基準に選んだらいいのかわからない。そんな方はまず今まで勤めていた職場の長所、短所を出来るだけ思い浮かべてみる事で次の職場を探す基準を作りますくなります。経験から考える事でイメージの具体化がしやすくなります。例えば「給料が悪い」「かわいい社員が多かった」「休日出勤多すぎ」「上司は優しいが後輩が勘にさわる」などなどたくさん出てくると思います。その中で次の職場でも絶対欲しいもの、絶対要らないものそれぞれ上位2~3つ位を選択します。それがまず転職先の最初の条件とします。欲張りすぎると範囲を縮めすぎてしまいます。

何をしたいかの見つけ方

そして何をやりたいか、ですがまだこの段階で求人を見るのは早すぎます。もっと具体的に絞れるまで考えてみてください。「世界に貢献したい」「営業力をもっと磨きたい」などこのように勤める上で何をしたいのかという目的がなければ仕事にやりがいも感じることができません。

そして業務には必ず相手がいます。どんな相手を対象にして仕事をしたいのか、どんな人達と仕事をしたいのか、その先に自分がどうなっていたいのか。ここまでをきちんとイメージ出来るようになればもう自分がどんな事やりたいのか答えは出てくると思います。

このようにきちんとイメージを作ってから転職先を考えることで自分が本当に目指したいことが見えてくるはずです。1個目の項目と2個目の項目の条件が当てはまれば、当てはまるほど自分が一番望んだ転職先となるわけです。