転職はタイミングが最も大事である

転職したいと思ったら

転職する理由は人それぞれだと思います。しかし、転職をしたいと思ってすぐに在職中に転職先を見つけるのは非常に困難です。安易な転職な理由ではないかなど、もう一度見つめ直してみることも大事です。まずは、休日などを利用して多くの求人情報に目を通しておくようにしましょう。また、現在の仕事の区切りの良い時期を考え上司に相談することが第一です。

転職は在職中に行うべきか?離職してからが良いのか?

この問題が最も転職活動をする上で悩む所ではないでしょうか。どちらを選択してもメリットもデメリットもあるかと思います。まず在職中の転職は非常にハードであり、何かとスケジュール調整が難しいのが現状です。また、在職中の方が快く次の転職先に行くことを応援してくれる方達ばかりではないので、周囲との人間関係にも非常に気を遣うことになるでしょう。一方メリットは、在職中であるため経済的リスクを背負うことがない事、納得いく転職先が見つかるまで在職出来るので、履歴書のブランクが出来ることがない事です。逆に離職後の転職活動は、経済的リスクが大きく金銭的に余裕がなければ結局妥協して転職先を決めてしまい、後で後悔し兼ねない状況になりがちです。また、いつ次の就労先が決まるのかという精神的不安も付きまとうでしょう。メリットは、余裕を持って転職活動1本に専念できる事、また離職後のリフレッシュも兼ねて在職中に出来なかったことを行う時間を確保することができます。どちらを選択するかは個人の考え方次第です。