履歴書とは自分の魅力を売り込むパンフレットである

履歴書とパンフレットの関係

あなたは車を買うときに、性能やデザインなどパンフレットを見て買った経験はないでしょうか?必要最低限の情報をパンフレットという媒体を見て、ある程度得ることはできると思います。一方で履歴書とは、自分の経歴や資格、学歴などの情報を会社側に伝えるための用紙です。なので、自分の最低限のスペック等を会社側は履歴書を通じて得ることになります。このように考えると、履歴書は「自分という商品」の魅力や価値を伝える媒体であるいうことができます。

履歴書の重要性

では、会社の人事担当者の視点で考えると、履歴書はどのような重要性があるのでしょうか。求人を出して、応募してくれた人の中から履歴書を見て面接をする人を選びます。当然ながら、時間などの制約上全員を面接することはできない場合も多いです。このように考えると、履歴書は面接を受ける前提となる資料であり、内容によっては面接さえ受けられなくなるわけです。

このようにして考えると、履歴書の重要性がかなり見えてくると思います。当たり前の話かもしれませんが、履歴書の中身が薄かったり、会社にとってメリットのない内容であれば会社としても会う価値はないと判断されます。なので、車のパンフレットではないですが、履歴書にいかに自分の価値をアピールし、採用すればメリットがあると伝えることができるかがポイントとなると言えます。